プログラマーです。雑記系、プログラミング系、投資系の記事を書いています!

【初心者向けSwiftUI】メソッドの使い方

SwiftUIのメソッドの使い方が分からない!

このような方のためにメソッドの概念とサンプルコードによるSwiftUIのメソッドの使い方を解説していきます。

 

・SwiftUIのメソッド(func)について知りたい
・メソッドの使い方や概念が知りたい
・サンプルコードが見たい

 

プログラミングの学習に行き詰ったらプログラミングスクールがおすすめです。
よろしければ、以下の記事を参加してみて下さい!

名探偵のプログラミング講座

おすすめのプログラミングスクールが知りたいどこのプログラミングスクールに通えばわからない!上記のような疑問のために今回は…

メソッドの概念

メソッドとは、

処理をひとまとめにして複数個所で使えるようにすること

になります。

メソッドを作成するメリットは以下になります。

  • 様々な個所でメソッドを呼出すだけで処理ができる
  • 保守(修正)が楽になる
  • コードがきれいに見える

ここから詳しく解説していきます。

 

メソッドを呼び出すだけで処理ができる

メソッドを活用すれば呼び出すだけでメソッドの処理をしてくれます。

例えば、

足し算をするメソッドがあり、引数として受け取った2つの値を足した数を戻り値で返す

足し算メソッドの名前をplusとした場合に、

plus(1, 2)と呼び出すだけで「3」が返ってくるという感じです。

 

処理が難しくなればなるほどメソッドは重宝します。

修正が楽になる

例えば同じ処理をコピペで10か所していた場合に、

  • メソッドなし→10か所修正
  • メソッドあり→1か所(メソッド部分のみ)

このように修正の数が圧倒的に違います。

 

コードがきれいに見える

メソッドを使って呼び出すだけならコード量が少なくきれいに見えます

また可読性が上がり保守も楽になります。

だらだら長い処理を書く場合は一つのメソッドにまとめてしまうのが一番です。

 

メソッドの使い方(コード)

では、早速サンプルコードをお見せします。

//チェックメソッド
func CheckData(_ addtarget: String, addmoney: String, addmonthmoney: String) -> Int {

//NGナンバー

let targetnum = 0
let moneynum = 1
let monthmoneynum = 2

//OKナンバー
let oknum = 3

if addtarget == "" {
return targetnum

}

if addmoney == "" {
return moneynum

}

if addmonthmoney == "" {
return monthmoneynum

}

return oknum

}

以下コピー用

//チェックメソッドfunc CheckData(_ addtarget: String, addmoney: String, addmonthmoney: String) -> Int { //NGナンバー let targetnum = 0 let moneynum = 1 let monthmoneynum = 2  //OKナンバー let oknum = 3  if addtarget == "" {  return targetnum }  if addmoney == "" {  return moneynum }  if addmonthmoney == "" {  return monthmoneynum }  return oknum}

このソースコードは私が最近開発した、「お金の管理アプリ」の一部です。

Textに値が入っているかのチェックをしています。

まずこのメソッドの引数は(addtarget: String, addmoney: String, addmonthmoney: String)です。

引数とは呼び出し元で欲しい値を指定します。呼び出し元の例↓

//空白チェックself.num = CheckData(self.addtarget, addmoney: self.addnowmony, addmonthmoney: self.addmothmoney)

このようにメソッドを呼び出します。

メソッド呼び出しで引数を使う場合は引数を書かないとエラーとなりますのでご注意ください。

次に戻り値の説明ですが、まず今回の戻り値はInt型になります。

戻り値とはその名の通り返す値です。今回の呼び出し元でいうとself.numに値が入ります。

戻り値は「メソッドの処理結果」と覚えていただければ大丈夫です。

まとめ

最後に、この関数はどのような処理かを説明していきます。

まず、引数で受けた値をそれぞれif文で空白かチェックをしています。

空白ならNGナンバーを返しています。NGになれば、その時点でreturnをし、

処理を終わらせています。

 

まずは自分で書いてみることが一番だと思います!

これからも、もっと詳しく説明した記事を載せてくので、

よろしくお願いいたします!

関連記事

プログラミングに興味があるけど、独学だと挫折してしまう。 このような問題を抱えている方は多いのではないでしょうか。  本記事ではプログラミングを独学で学ぶ5つのコツを紹介し、初心者でもプログラミングができるようになる方法[…]

プログラミングを独学で習得する5つのコツを紹介
最新情報をチェックしよう!
0 0 votes
Article Rating
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments